療養泉ってなに?一般適応症とともに詳しく解説します!

療養泉の定義として、環境省が温泉の成分分析のために定めた「鉱泉分析法指針」のなかで、温泉(水蒸気その他のガスを除く)のうち、「特に治療の目的に供しうるもの」として、下記の温度又は物質を有するものと定義されています。

分かりやすく言えば、身体に良い成分がいっぱい溶けこんだ温泉を「療養泉」といい、そのために必要なことは下記に書いた温度または物質を含むこと、ということです。

その療養泉の定義は、温泉源から採取されたときの温度が摂氏25度以上であること、または、下記の物質(下記に掲げるもののうちのいずれかひとつ)が含まれることが条件となります。

療養泉の条件となる物質名と含有量(1㎏中)は以下の通りです。

溶存物質(ガス性のものを除く)が総量1,000mg以上。

遊離二酸化炭(CO2)が1,000mg以上。

総鉄イオン(Fe2++Fe3+)が20mg以上。

水素イオン(H+)が1㎎以上。

よう化物イオン(I–)が10mg以上。

総硫黄(S)〔HS–+S2O32-+H2Sに対応するもの〕が2㎎以上。

ラドン(Rn)が30(百億分の1キュリー単位)以上。

これらのうち、1つ以上が含まれていれば摂氏25℃以下の鉱水でも療養泉として温泉と定義されるのですね。

療養泉の効能には、その泉質によりいろいろな効果が期待できます。その中でも、すべての療養泉に共通する効能は「一般的適応症」と呼ばれています。

療養泉の一般的適応症は以下の通りです。

  • 筋肉又は関節の慢性的な痛み又はこわばり(関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、神経痛、五十肩、打撲、捻挫などの慢性期)
  • 運動麻痺における筋肉のこわばり
  • 冷え性
  • 末梢循環障害
  • 胃腸機能の低下(胃もたれ、腸にガスがたまるなど)
  • 軽症高血圧
  • 耐糖能異常(糖尿病)
  • 軽い高コレステロール血症
  • 軽い喘息又は肺気腫
  • 痔の痛み
  • 自律神経不安定症
  • ストレスによる諸症状(睡眠障害、うつ状態など)
  • 病後回復期
  • 疲労回復
  • 健康増進

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です