出雲大社から玉造温泉玉井別館さんへ!大山と蒜山高原も散策する美肌の湯とB級グルメの旅!!

今回の旅は夏の山陰へ車の旅!

温泉全国制覇まであと少しということで、初の島根県出雲大社への参拝と玉造温泉から、翌日は3度目の鳥取県三朝温泉へと向かう旅。

まずは車で人生初の出雲大社(いずもおおやしろ)へ向かいます。

出雲大社といえば大しめ縄で有名で、伊勢神宮と並び、日本で最も重要で古い歴史を持つ社(やしろ)。

通常、旧暦の10月(いまの11月頃)のことを神無月(かんなづき)と呼びますが、ここ出雲の地では、その日本各地の神々が集まる地ということで神在月(かみありづき)と呼ぶほど。

日本の神話に基づいた歴史ある出雲大社は、日本の八百万の神が集まる場所であり、大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)をご祭神とする社です。

有名な出雲大社の大しめ縄

そんな出雲大社は目に見えない世界を、伊勢神宮は目に見える世界を司るともいわれ、常に対極の位置にあるとも言われています。

これは、生と死をも意味するとも考えられていますが、いずれにせよ神聖な場所であることには変わりありません。

でも出雲大社は縁結びの神としても知られているあたり、とっても奥が深いものですね!

神門通り入口

高速をおりて出雲大社神門通りへ入ります!大きな鳥居が目印です。

神門通り駐車場付近

神門通りの駐車場付近にはお土産屋さんや飲食店もたくさんあります。

出雲大社

厳かな雰囲気の出雲大社の参拝は二礼四拍手一礼だそう。やはり通常とは違うんですね。

出雲大社から神門通りを望む

参拝が済んだら、いよいよランチ!いただくのはやっぱり日本三大そばのひとつ「出雲そば」です。

夫婦揃って無類の蕎麦好きなので、楽しみにしてきました。

出雲そば

妻は名物出雲そばを注文。いろいろな具材が乗ったタイプで、1段目を食べ終わったら残ったつゆを次の段に注ぎ入れます。

釜揚げそば

私は釜揚げそばをいただきました。こちらはゆで上げたそばを洗わず、茹でた蕎麦湯とともに丼に入れるという豪快な一品。

自分で濃いつゆを蕎麦湯に注いで、好みの出汁の濃さに調節します。

いずれの食べ方も初めてで新鮮でした。

お味の方は、季節的に蕎麦の美味しい季節ではなかったのですが、味の濃さを調節できるのとしっかりとした歯ごたえがあるそばで食べ応えは十分。

戸隠そばのような繊細な薫りを楽しむというよりは、そばをしっかり食べるという感じですね。

神門通りには、そのほかにも出雲が発祥とされる「ぜんざい」も名物!

ぜんざいのルーツは出雲とか?

旧暦10月の「神在月」では、「神在祭(かみありさい)」が執り行われるのですが、そのお祭りでふるまわれたのが「神在餅(じんざいもち)」と呼ばれる「ぜんざい」。

その「じんざい」が出雲弁でなまって、「ずんざい」→「ぜんざい」となったという説があるそうです。バンザーイ(笑)

福が来そうな出雲ぜんざい

お腹もいっぱいになったところで、今日の温泉宿に移動します。

出雲大社から車でゆっくり走って1時間半ほどにある、美肌の湯で知られる「玉造温泉 玉井別館」が本日のお宿。

玉造温泉 玉井別館

玉造温泉街の入り口から一番手前にある大きな旅館です。

玉井別館 フロント付近

リニューアルしてすぐらしく、モダンな造りのフロントがとっても素敵!

大浴場

大浴場もフロントと同じくシックな感じ。

玉造温泉の源泉は奈良時代に発見したと伝えられ、その豊かな効能は『出雲風土記』にも記されています。


『ひとたび濯げば形容端正しく』 = 一度入れば、肌美しく


『再び俗すれば病悉に除こる』 = 二度入れば、病も治る


『験を得ずといふことなし』 = 効果が得られなかったと言う人はいない


『故、俗人、「神湯」と日うなり』 = 人々は神湯とよんでいます


とあるように、1300百年前より美肌効果があると云われています。

泉質は、ナトリウム・カルシウム 硫酸塩・塩化物温泉で低張性弱アルカリ性高温泉です。

玉造温泉の成分である硫酸塩と塩化物温泉の2つの効能は、硬くなった肌や幹部を動きやすくする効果をもたらすと言われています。

「美肌の湯」の他、「傷の湯」「脳卒中の湯」ともいわれる硫酸塩温泉は、皮膚の弾力性を強化してシワになりにくくしたり、角質層の再生を促します。また、「動脈硬化」にも効くとされており、「脳卒中」を防ぐとも言われています。

無色透明で塩辛い塩化物温泉は、殺菌効果と湯冷めしにくい温泉。皮膚に塩分が皮膚に膜をつくり、汗の蒸発を防ぐため保温効果があるので、体がよく温まりやすく「熱の湯」と呼ばれるほど。女性の敵である「冷え性」対策にもぴったりの温泉ですね。

露天風呂

露天風呂も大きくはありませんし、景色の眺望もありません。しかし、柔らかな肌触りの低張泉の温泉で、水分が肌に浸透する感じで、ツルツルに仕上げてくれるお湯に私も妻も大満足でした。

湯上りには、地元のおいしい木次(きすき)牛乳をいただきました。

木次牛乳

お部屋に帰ってからは、牛乳のあとのビールで一息。

その後はいよいよ夕食です!全部の写真はありませんが、あとから天ぷらなどがアツアツで登場しました。

印象としては、おかずは普通に美味しかったです。一番の印象はお造りとご飯。

とにかく米が美味かった!地元島根県のコメが美味しくて、帰りに近所の道の駅だお米を買って帰りましたが、家でも美味しかったです。

あとは島根の地酒も美味い。温泉で呑む酒はどれも美味しいけど(笑)

夕食

朝食もシンプルながら、朝から美味い米があればそれで良い!あと、宍道湖名産のしじみ汁。しじみの量がめちゃ多くて、身をほじるのに時間がかかりましたが、だしの効いた味噌汁はやっぱりしみじみと旨いです。

朝食

とっても具が多い!宍道湖のしじみ汁。お家でもいただきました!

朝食 しじみ汁

さて、朝食も終えて次の鳥取県の三朝温泉へ向けて出発します!

そのまま高速ではつまらないので、途中の大山散策へ寄り道します。

島根県と鳥取県の県境にある通称ベタ踏み坂

途中、あのCMで有名になった島根県と鳥取県の境にある通称「ベタ踏み坂」によろうかと思いましたが、今回はルートの都合で断念。壁のように見える急坂は実は目の錯覚で、それほどきつくないとか。。。

山陰道の無料区間から大山道、大山環状道路というとっても空気と景色が美しい道路をドライブしながらいろいろ寄り道します。

大山環状道路から雄大な大山を眺める

鳥取県の西側にそびえる大山は海抜1709mもあり、中国地方最高峰です。
北西側からみる姿は富士山そっくりで、別名「伯耆富士」とも。


大山は1922年(昭和11年)に日本で3番目の国立公園となり、その後1963年(昭和38年)にその周辺の蒜山地域、隠岐島、島根半島、三瓶山地域が追加指定され「大山隠岐国立公園」となりったそう。

見た目は似ていますが、富士山とは異なるタイプの複成火山で、古期の成層火山と新規の鐘状火山とからなり、山頂部分の大円頂丘は傾斜30度、比高840mにも及ぶなど、後の小爆発や烈しい侵食と崩落によって、南壁や北壁の急崖を形成。なだらかな傾斜の西側の風景とは異なり、険しい山容を描き出しています。(鳥取県大山観光ガイドより)

夏場の登山も有名で、とくに女性に人気だそうですよ。

体力に自信のある方はどうぞ!

大山升水高原の天空リフトの展望台

気持ちの良いドライブの途中、天気も最高だったので大山升水高原の「天空リフト」で中腹にある展望台へ。久しぶりのリフトに少々ビビりながら(笑)気分爽快のお散歩です。

恋人の聖地なんですね!

展望台には恋人の聖地が!アラフィフ夫婦にはちょっと恥ずかしいけど、一応記念撮影もしました。

ふだんスキーなどで乗るリフトなんですが、滅多に乗ることのない下り。けっこう怖い。。。

展望台散策のあとは、昼食を食べに45キロほど車を走らせて蒜山高原へ。鍵掛峠などを通り、美しい木々の間を縫って走るワインディングロードのドライブは気持いい!

大山から蒜山へは約1時間ほど、信号もほとんどない道路なのでスイスイです。

途中道の駅などに寄り道しながらなので2倍時間がかかりますが、それもまた旅の楽しみ!

お昼は過ぎましたが、蒜山名物のB級グルメ「ホルモン焼きそば」の名店「やまな食堂」さんに到着。

やまな食堂さん

店舗の前は駐車場も広くて安心ですが、時間によってはいつも満車とか!14時前で良かったのかも?

やまな食堂メニュー

おもしろいメニューで、お好みの焼きそばをチョイスできます。

ホルモン焼きそば目玉焼きのせ!美味い!

いろいろなガイドブックにも登場するホルモン焼きそばのお店。味付けがちょっと変わっていてフルーティーな味噌だれが味のポイントだそうです。

実際に食べてみると、果物の甘みと味噌のアミノ酸が味に深みを出していてとっても美味い。昨日から蕎麦や懐石と純和風な口だったので、B級グルメ最高でした!

愛想の良い大将の気持ちのいい接客も旅の良い思い出になります。

お土産の味噌だれも購入してお家でもチャレンジしましたが、普通のお肉でも美味しくできましたよ~♪

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
ちょっと甘めの味噌だれが美味い!

焼肉 たれ タレ酢味噌屋の焼肉のたれ みそだれ 岡山の味 蒜山やきそば プルコギ 津山ホルモンうどん
価格:400円(税込、送料別) (2020/12/23時点)

楽天で購入

お腹もいっぱいになったところで、鳥取県三朝温泉へ再出発です!