気になる温泉の㏗値ってなに?水素イオン指数と美肌との関係を解説!

群馬県 草津温泉の湯畑

温泉を利用する際、泉質と同じくらい気になるのが「pH値(ペーハー)」。

そんな「pH値」の数値は、温泉の効果や効能にも大きな影響を与えます。

今回は、特に美肌に効果的な「pH値」の指数と、「pH値」のもつ意味を解説します。

温泉の「pH値(ペーハー)」ってなに?

温泉の泉質を見ると、一緒によく目にするのが「pH値」。これは、水溶液中に含まれた「水素イオンの濃度」を示す指数です。

水素イオンはpH値の数値によって大きく「酸性・中性・アルカリ性」と分類されます。

温泉にみる㏗値は、環境省が定めた下記の5つのカテゴリに分けられます。

pH2~3未満:酸性
pH3~6未満:弱酸性
pH6~7.5:中性
pH7.5~8.5未満:弱アルカリ性
pH8.5以上:アルカリ性

このようにpH値が小さくなるほど酸性が強く、逆にpH値が大きくなるにつれてアルカリ性が強くなります。また、中央値の7前後が中性と分類されます。

温泉の泉質とは異なる効果があり、入浴時の触感にも大きく影響するので、温泉へ出かける際には注目しておきたいところですね!

温泉の「pH値」は美肌に影響する?

温泉の「ph値」が小さいほど酸性になるのですが、酸性のお湯はお肌の古い角質を溶かすピーリング効果(角質を柔らかくする効果)が期待できます。ですから酸性のお風呂に入ると、レモンパックのようにお肌がツルツルになるのです。

逆にアルカリ性の温泉は皮脂を溶かすので、皮膚の汚れを石鹸のように落としながら中和していきます。

アルカリ性のお湯は、ぬるぬるとした肌触りが特徴的で、お肌をやわらかく整えてくれます。

しかし酸性の温泉もアルカリ性の温泉も、その特徴が大きくなるほどお肌に刺激も強くなります。

そのためお肌が弱い人は湯上りに成分を洗い流してから出ることをおすすめします。

また、中性の温泉はお肌に刺激が少なくて優しく、お肌が弱い方にも安心で、湯上りに洗い流す必要もありません。

酸性の温泉
酸性の温泉はお肌のピーリング効果が期待でき、pH値が少なければ少ないほど強い殺菌効果が見込めます。

お肌がデリケートな方にはピリピリする刺激がありますが、そのぶん酸性泉の多くは塩素消毒なしで源泉のまま入浴できるので、根強い人気があります。

また、お肌の古い角質を溶かしてくれるので、お風呂上がりはツルツル、ピカピカになりますよ!

日本でも各地にある酸性温泉地ですが、とくに秋田県の玉川温泉、山形県の蔵王温泉、群馬県の草津温泉、長崎県の雲仙温泉などが有名です。

酸性泉の主な効果効能は、水虫、湿疹、慢性皮膚病、リウマチ、高血圧、胃潰瘍などです。

アルカリ性の温泉
アルカリ性の温泉は粒子が非常に細かいので、お肌の皮脂を溶かしながら皮膚の汚れを落とし、中和する効果があります。

ぬるぬるとろとろのお湯が、お肌をすべすべにして柔らかくしてくれます。

アトピー体質や敏感肌の方が症状を緩和するため利用したり、湯冷めがしにくい特徴があります。

有名なアルカリ性温泉地は埼玉県の都幾川温泉、神奈川県の飯山温泉、長野県の白馬八方温泉など多数あります。

アルカリ泉の主な効果効能は、美肌、神経痛、関節痛、痔疾、冷え性、病後回復期などです。

中性の温泉

中性の温泉は前述の通り、お肌への刺激が少ないので、お肌が弱いデリケートな方や敏感肌の方にも安心です。

中性泉の有名な温泉地は、新潟県の赤倉温泉、群馬県の四万温泉などがあります。

中性泉の主な効果効能は、胃腸病、神経痛、皮膚病、擦り傷、切り傷などです。

酸性とアルカリ性の温泉に入浴するときの注意点

酸性やアルカリ性の温泉はお肌への効果が期待できる反面、その刺激の強さから、温泉成分を身体に付着させたままにすると、肌荒れを起こしてしまう可能性があります。

酸性の温泉に入浴するときの注意点

酸性の温泉に入浴するとピーリング効果でお肌が敏感になっているため、身体を強くこすったり、長湯をすることは控えるようにしましょう。

石鹸などを使うとお肌の栄養素や油分が奪われ、酸性の刺激に負けてしまいます。お肌が弱い方は、湯上りはシャワーか真湯で洗い流すようにしましょう。

アルカリ性の温泉に入浴するときの注意点

アルカリ性の温泉はお肌への洗浄力が強いために乾燥しやすくなるので、アトピー体質や敏感肌の方の場合、まれにお肌の状態を悪化させてしまうおそれがあります。

入浴後はしっかり温泉成分を洗い流し、化粧水やクリーム、ボディオイルでしっかり保湿を心がけるようにしましょう。

温泉の「pH値」をしっかりと理解し、安心して入浴しましょう!

このように温泉に入浴する際には、「pH値」の役割をしっかり理解していると安心です。

自分のお肌の調子に合わせたどんな温泉を選べばいいかを熟知していると、温泉探しにも役立ちます。

こんど温泉に入る際は、泉質だけでなく「pH値」もチェックして、両方の効果と効能を実感してみましょう!